トップ >那珂川町商工会とは >検定のご案内

● 検定のご案内●

検定試験情報

検定試験情報は、

http://www.fukunet.or.jp/license/index.html

にてご確認できます。

福祉住環境コーディネーター

福祉住環境コーディネーターとは

やさしさあふれる住環境づくり 福祉住環境コーディネーターとは、高齢者や障害者に対して住みやすい住環境を提案するアドバイザーです。医療・福祉・建築について体系的で幅広い知識を身につけ、各種の専門職と連携をとりながらクライアントに適切な住宅改修プランを提示します。また福祉用具や諸施策情報などについてもアドバイスします。

福祉住環境コーディネーターの主な仕事

  • 介護保険制度下での住宅改修に係わるケアマネジャーとの連携
  • 福祉施策、福祉・保険サービスなどの情報提供
  • 福祉用具、介護用品から家具までの選択と利用法のアドバイス
  • バリアフリー住宅への新築、建て替え、リフォームにおけるコーディネート
日商簿記

こんな人たちの役に立ちます

  • 企業の経理・会計担当者
  • 利益率を重視する営業担当者
  • コスト管理を求められる管理者
  • 取引先企業の経営状態を把握したい人
  • 公認会計士や税理士等の国家資格をめざす人
  • 税務申告を自分で行いたい人
  • 有価証券報告書等を分析して資産運用を図りたい人

こんな効果が期待できます

  • 正しく帳簿をつけられる
  • 自社の長所や短所を分析できる
  • 費用や収益率を意識するようになる
  • 取引先企業の経営状況を把握できる
国際会計検定 BATIC(バテック)

国際ビジネスの共通語「国際会計」スキルを、英語で身につける

ビジネス資格の新スタンダード、BATIC【バティック】。この名称はBookkeeping and Accounting Test for International Communication の頭文字を取ったもので、「国際コミュニケーションのための簿記会計テスト」のことです。 「会計」を意味する英語「アカウンティング」は、「アカウンタビリティ(説明責任)」という言葉からもわかるように、「相手に伝わるように正しく説明する」という意味を持っています。企業やビジネスの実態を正しく伝える上で、会計はまさに最も雄弁なコミュニケーションツールであり、共通言語の役目を果たしているのです。

目標は「リキャスティング」

日本の会計基準は国際的基準への調和化が進められていますが、両者の差異を完全になくすことはできません。そのため、国内で作成した決算報告書などをそのまま翻訳しても、海外の企業には理解できないのです。それを外国人にも理解できるものにするためには、両者の間に存在する会計ルールの違いを組み替える「リキャスティング」という能力が必要になります。 日本と外国両方の会計ルールに精通し、国際ビジネスの掛け橋になれるリキャスティング能力を持った人材を育成すること。それが新しい検定試験、BATICの目的です。

国際会計スキルを持つ人材へのニーズは高まるばかり

海外に本社を持つ企業との取引、外資系企業との競合や提携、海外からの資本調達……。企業が業種や規模の大小、地域を問わず、何らかのかたちで海外の資本や企業とかかわりを持たざるを得ない時代。国境を越えてお茶の間にまで情報を届けるインターネットの普及がこの傾向に拍車をかけているのは、ご存知の通りでしょう。 国際的なビジネスの共通言語である会計知識を身につけた企業には、大きな飛躍のチャンスです。国際会計スキルを持つ人材へのニーズが、今後ますます高まることはあきらかです。

こんな方におすすめします。

  • 海外取引企業の財務報告書類をみる機会が多い
  • 財務・経理関連の仕事についている
  • 自分の国際会計スキルを客観的に証明したい
  • 高校・大学や専門学校で簿記・会計を学んでいる
  • 将来、英語力を活かした仕事をしたい
ビジネス実務法務検定試験

コンプライアンス能力を身につけましょう

ビジネスにおいて業務のリスクを察知し、法的にチェックし、問題点を解決に導くコンプライアンス能力は法務部門に限らず、全てのビジネスパーソンにとって必要不可欠な能力です。
そのための基礎となる実践的な法律知識を体系的・効率的に学ぶことができるのがビジネス実務法務検定試験です。

企業は、なぜコンプライアンス能力のあるビジネスパーソンを求めるのか?

企業には消費者・取引先企業等、さまざまな利害関係を持つ人々がいます。企業は、これらの人々の立場や利益を無視することは許されません。 ひとたび、企業の不祥事が発生すると刑事責任や損害賠償などの民事責任はもちろん、社会からも厳しいペナルティーを受けます。 このような時代だからこそ、企業は法令等を遵守できる能力のある社員を数多く求めているのです。

多くの企業が採用しているビジネス実務法務検定試験

今、多くの企業が「倫理憲章」や「企業行動基準」を策定し、企業自らが不正や不祥事を未然に防止するための活動を積極的に行っています。 そのため、ビジネス実務法務検定試験を企業内での推奨検定としたり、人事異動や採用の際の能力評価の参考にする企業が増えています。

カラ−コ−ディネ−タ−検定試験

カラーコーディネーターとは

社会やマスコミに、ネット上に、店やウインドウに、私たちを取り巻くすべての場所に今や色彩が満ちあふれています。
今日、色彩に目をつぶったり、その発言に耳を閉ざしては生活できません。色彩はたえず見えて、語りかけます。赤や緑の色彩がある。それだけで私たちは楽しくなれます。黄や青が私たちの気持ちを表してくれます。
強い色、弱い色の違いが、気持ちを元気づけ、心にうるおいを与えてくれます。食べ物に栄養価を考えるように、色彩もコントロールできるのです。どんな色が好まれるのか? 対象の条件に目的に、もっとも適合する色とは? 商品のもつ色彩的特性は? 快適な行動空間を演出できる色とは? 現代が抱える色彩の問題すべてに答えられる人。色をつくる、見せる、演出して、色彩の魅力を引き出す人。それがカラーコーディネーターです。

カラーコーディネーターはこんなことをします!

  • ファッション・パーソナルスタイリングに関するカラーコーディネーション
  • 接客・販売に関する色彩提案とアドバイス
  • 企業の色彩戦略に関する提案とアドバイス
  • 商品の開発に関する色彩提案
  • 建築・インテリアの色彩計画に関するアドバイス
  • 店舗・美術館などの色彩空間の演出に関するアドバイス
  • 街づくりなどの色彩環境に関する調査・コンサルティング
  • その他の色彩調査・色彩計画・色彩管理など
那珂川町商工会会員になるには 那珂川町すまいの相談センター
那珂川町商工会 交通アクセス  

〒811-1242福岡県筑紫郡那珂川町西隈3丁目1番10号 TEL:092-952-2949 FAX:092-952-9101